採用情報

RECRUITING INFORMATION

先輩社員紹介

INTERVIEW

回路事業部(プリント配線板製造) 技術課 T.W

2020年4月1日入社(新卒採用)

回路事業部(プリント配線板製造)

技術課 T.W

2020年4月1日入社(新卒採用)

大学ではプログラミングを学んでいたので、就活時はコンピュータ関係の企業に多く応募していましたが、自宅の近くでも探してみようとマイナビで検索したところ、ヨシミツ理化がヒットしました。ものづくりに興味があったこともあり応募することにしました。
会社見学や面接を通して、世の中にある電気を使う製品に、なくてはならないものを製造しているという点に会社の将来性を感じ、また面接官の対応にも好感を持ち入社を決めました。
入社後は、研修の充実度や新入社員へのメンタルケアなど、会社の規模から考えるとかなり行き届いていると感じました。年間の休日数も比較的多く、土日もしっかり休めています。働き方改革に力を入れている会社なので働きやすいです。私服で通勤できるのも嬉しいポイントです。

現在は技術課に配属されていて、お客様から頂いた製品データを元に、CAMと呼ばれるソフトを用いてそれぞれの製造工程で使用するデータに編集する仕事をしていますが、学生時代に学んだ事が活かせていると思います。自分の作ったデータがフィルムに作画されて手元に届いた時は、仕事に対する達成感を感じます。技術課の仕事は、ほぼ全ての製造工程に関わっているため、こちらがミスをするとその全てに迷惑が掛かってしまう事もあり大きな責任を伴いますが、その分、大きなやりがいも感じています。また、会社の規模を考えると基板メーカーの下請けでもおかしくないのですが、大手メーカーとも直接取引を行っていることも、仕事のやりがいに繋がります。
技術課は他の部署と比べても特に、基板のスペシャリストでなくてはならないと感じています。今後も貪欲に知識を付け、経験を重ねてステップアップしていきたいです。

回路事業部(プリント配線板製造) 検査課 H.M

2020年4月1日入社(新卒採用)

回路事業部(プリント配線板製造)

検査課 H.M

2020年4月1日入社(新卒採用)

就職活動中はマイナビを見たり、学校で先輩の報告を読んだり、先生に相談したりして情報を集めましたが、応募したのはヨシミツ理化だけです。基板については何も知らなかったのですが、昔から工場で働きたいと思っていました。正直なところ、通いやすい距離なのもポイントでした。会社見学や面接を通して、雰囲気が優しいと感じ働きやすそうだと思い入社を決めました。入社してみると、パッと見は静かそうな人たちばかりなのに、話すと個性豊かで面白い人が多いことがわかりました。幅広い年齢層の人達と信頼関係が築けるのは、ヨシミツ理化の良いところだと思います。

私が担当しているのは出荷検査です。基本的には、顕微鏡や拡大鏡で基板の傷やゴミを見つける仕事です。お客様によって、OKかNGかの判断基準が違うので、経験しながら覚えていかなくてはいけません。出荷検査は、お客様に製品をお届けする前の「最後の砦」だと上司から言われています。ここで不具合を見落としてしまうと、ヨシミツ理化で作った製品が不良品として世の中で出てしまう事になるので、とても責任のある部署です。それだけに、私が検査した製品が世に出ているという事に誇りを感じています。検査はとても集中力のいる仕事です。配属されたばかりの頃は、難しい製品が来ると尻込みしていましたが、今はしっかり集中して見る事ができます。検査する製品の数が多かったり、難しい製品の検査を一人でやり切った時や、気づきにくい不具合を見つけられた時、先輩達から褒められるのでとても嬉しいです。
毎日同じというわけではありませんが、基本的には似た作業を毎日繰り返すので、辛抱強い人や黙々と作業する事が好きな人の方が、検査に向いているかもしれません。工場でただ淡々と作業するのかと思っていましたが、実はコニュニケーションがとても大切だと感じました。挨拶や報告・連絡・相談のホウレンソウはしっかりできた方が良いと思います。基板について知識がなくても問題ありません。先輩が教えてくれるし、仕事をしながらだんだんと解ってくるので不安に思わなくて大丈夫ですよ。

回路事業部(プリント配線板製造) 製造課 S.Y

2019年4月1日入社(新卒採用)

回路事業部(プリント配線板製造)

製造課 S.Y

2019年4月1日入社(新卒採用)

工業高校に通っていたこともあり、印刷と製造業のカテゴリで就職を希望していました。3社ほど見つけ見学に行った中で、ヨシミツ理化は非常に細かく作業工程を教えてくれました。また社員の皆さんが挨拶をしてくれたことも良い印象に残り応募しました。それまでにも私は基板に触れた事があったこと、そして製造業で働きたいという気持ちが強かったためヨシミツ理化への入社を決めました。入社してわかったことですが、ヨシミツ理化は挨拶にとてもうるさいです。週に1度の朝礼でも挨拶の唱和をします。そうやって日頃から意識しているせいか、工場にいらしたお客様からは「挨拶が気持ち良い」と褒められることが多いと上長から聞いています。ヨシミツ理化を志望されている方は、気持ちの良い挨拶を心がけると良いと思います。

私は新卒での配属から現在まで、印刷工程の仕事をしています。古くから続いている熱硬印刷という技法で、基板のめっき部とめっき部の間にインクを入れたり、めっき部を避けて基板全体にインクを付けたり、非常にテクニックが必要な工程です。とても繊細な仕事なので、難しい製品にうまく印刷できた時はとても達成感があります。配属当時はなかなか思うように作業できず凹むことも多かったですが、最近は手応えも感じています。はじめは基板1枚あたり15分~30分かかって印刷していた製品が、15枚を1時間ほどで印刷できるようになりました。単純に計算すると1枚あたり4分ほどです。これまで試行錯誤してきた事、気づいた事を常にメモしていた事が、成果として現れたのだと思いとても嬉しかったです。印刷は全工程の中でも難しい部類に入ります。その作業に携われていることは、私にとって仕事のやりがいになっています。今はまだ先輩に質問する事も多いですが、会社からはそろそろ一人立ちするよう言われています。更に仕事を覚えて、1日でも早く会社の期待に応えられるよう頑張ります。

回路事業部(プリント配線板製造) 営業課主任 M.O

回路事業部(プリント配線板製造)

営業課主任 M.O

新卒で入社してから製造を数年経験した後、技術で10年、そして現在は営業8年目となりました。ヨシミツ理化の中でも3職種を経験している社員は少ないのではないかと思いますので、私が思うそれぞれの職種の面白さをお伝えします。


■製造職
製造の担当者は、設計図からカタチに起こしたものを一番最初に見る事になります。設計者よりも早くです。だから誰よりも早くモノの出来「映え」を確認できます。
良いモノ造りは、何よりも設計者へのフィードバックが大事です。製造から設計へ素早くフィードバックすることで、次回製造する時にさらに良いモノへ昇華させる事が出来ます。
製造の声なくして良い「映え」るモノ造りはできないのです。製造は物造りの「現場」です。良いモノができるか、悪いモノができるかはカタチになる現場で決まります。作り方の設計図は技術から示されます。それをいかに「良いモノ」につくるかは製造の力(腕)が試されます。良いモノでも時間が掛かりすぎてはいけません。与えられた時間内に、最大の量を最大の品質で作り上げる。「コスパ」を作り上げるのも製造の力(腕)です。
誰にも負けない品質で、誰にも負けない量をこなしたときは大きな達成感があります。
モノ造りは現場から。不動の基本です。


■技術職
技術は、モノを造る方法を考えるところです。まだ造ったことが無いものをカタチにする方法を考えるわけです。これは、課題に対してどう検証し結論を出すかということです。これまでの知見や経験を結集して、最良の答えを探します。答えが見つからないモノは、実験をして確かめます。切ったり貼ったり積んだり削ったり埋めたり熱したり冷ましたり…。作り方の答えが見つかったら、実際に製品を作ってみます。答え合わせです。思い通りの結果が出ればとても気持ちが良いものです。「ヨシッ」とガッツポーズする感じです。
逆に、予想外の出来になることもあり、もう一度作り方を考え直す必要があったりもします。
造り方というのは、1通りの答えで決まっているわけではありません。同じ答えを導き出すのに、いくつかの方法があることがほとんどです。そのなかから最もコスパのよい方法を見つけます。
ひとつ答えが完成すると、次の課題がまっています。技術は日進月歩、終わりはありません。
常に最新の技術情報を入手し、新しいものを生み出す方法を考える。新しいことをひらめいたときのワクワク感はたまりません。きっとエジソンと同じ気持ちを味わいますよ。
あとエンジニア(技術者)って響きカッコイイと思いませんか。


■営業職
当社は受託製造ですので、お客様からご依頼頂いた図面をカタチにしていくわけですが、まだカタチとなっていない最新の図面や仕様書を最初に見るのは営業です。お客様の最新情報を、社内の誰よりも早く聞くことができるのです。常に最新の情報に触れることができます。時には、まだ図面も仕様書もない構想段階でご相談頂くこともあります。その場合、当社で対応出来る色々な技術を紹介します。その技術が新製品に採用頂けたりすると、とても嬉しいです。お客様といっしょに造り上げた。そんな実感が得られます。さらに量産化してたくさんのご注文を頂けたら最高です。
別の面では、お客様から不具合などでお叱りを受けるのも営業です。その場合、不具合の内容や不安に思われていることなどを詳しく伺います。最初は強くお叱りを受けることもありますが、お客様の気持ちに全力で寄り添うことでお客様もこちらの姿勢を汲んで下さるようになります。
営業は「話す・聴く」ことが好きな方に向いていると思います。お客様のところへ出向くことが多いですから、外に出て動くことが好きだと良いですね。最近はコロナ禍で減っていますが、新幹線や飛行機で出張するのも私は楽しみのひとつです。社内で仕事をしていたころよりも、四季を感じることが多くなりました。


■ヨシミツ理化に向いているタイプ
どの職種もですが、基板を見て「なんかカッコいい」と感じたら、この業界に向いていると言えます。新製品レビューや修理動画とかが好きな人も良いと思います。そして「ものをつくるのがすき」な人も大歓迎です。